潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。Costa del Biento / Sionecafe        Seaside Blue Rosesを夢見て

sionecafe

待合室の切り絵展

受験シーズンを前に、切り絵は大学がテーマ。

まずは、上 立教大学、下 明治大学(昭和の姿)
CIMG0007














  青山学院ですね。
CIMG0009
















昔の三田、慶應義塾大学
CIMG0008
















お茶の水、駿河台下の中央大学(昭和の姿)
CIMG0010






Paradise View

南房総館山は、僕が子供の頃よりも南国化してきています。

そんな館山の奇跡的な風景を切り取りました。


CIMG0115CIMG0116CIMG0117CIMG0118CIMG0119CIMG0122CIMG0123CIMG0124

隅田川の橋<千住大橋から築地大橋>

新しいブックを一冊だけ作りましたよ。
門前仲町に住んでいたので、あの頃撮りためた写真から作った切り絵です。


門仲から旧商船大学の正門前から月島への橋、相生橋が表紙です。

CIMG0327













CIMG0328そして千住大橋~千住汐入大橋









CIMG0329水神大橋~白鬚橋










CIMG0330X形態の歩道橋、桜橋~浅草言問橋

都鳥でしょうか?
いざこととわん






CIMG0331水上バスの発着の吾妻橋~厩橋










CIMG0332駒形橋~蔵前橋










CIMG0333両国橋~新大橋









CIMG0334さんまさんと大竹しのぶさんの男女七人夏物語、
池上季実子さんも出ていましたね♪
清洲橋~高速道路を背負った隅田川大橋







CIMG0335赤穂浪士が渡った頃は木造だった永代橋~
フランスのセーヌ川との友好河川を
記念してつくられた中央大橋








CIMG0336佃の渡しも懐かしい佃大橋~勝鬨橋
小学校の頃見た映画で、
ゴジラが上陸したのは勝どき橋あたり








CIMG0337東京五輪を機に豊洲から築地に
架けられた築地大橋

図鑑的な資料になれば

平成13年から、職域の広報誌に関わって東京に月2回通っていて、
館山の図鑑的なものも残したいと作り始めました。
あれから、けっこうシリーズ化できました。

売り物にしていないのは、歴史的な写真の数枚がお借りしたものなので、
まとめて閲覧できるように本にまとめたからなのです。
ほとんどは、ぼくが撮り集めた個人的な写真です。
CIMG0161












CIMG0113CIMG0114CIMG0115CIMG0116CIMG0117 (2)CIMG0118

TATEFORNIA 3

CIMG9983販売していない個人的写真集なんですが、
TATEFORNIA の続きです。






CIMG9984CIMG9992CIMG9989館山カントリークラブは平砂浦で遊んでいた昭和40年代の僕ら少年の遊び場でした。この並木がまだ小さくて植えられた頃、ウルトラセブンのロケがあり、ダン、アンヌ、子役だった松坂慶子さんも来ていました。ぼくは砂山前の道を走るポインター号を見ましたよ。
右は当時の南房パラダイスでのイベント「夜パラ」での植物園温室での房州ジャンベ隊の演奏。

左は1997年、布良のビーチボーイズのロケ地となった阿由戸の浜<ドラマでは潮音海岸>
大山総裁が生前は極真会館本部夏合宿は安房自然村で行われ、極真空手の猛者たちがこの浜で瞑想を組んでいました。
平砂浦の波は太平洋に直接面した荒波です。生きているかのように時にやさしく、時に激しく打ち寄せていました。

平成の頃のイベント「あわのね」
沖ノ島での開催と波佐間での開催。これは波佐間海岸、国民休暇村の横に作られたDJブースとステージに外国の方もたくさんみられました。
そして沖ノ島の裏広場では訪問者が踊っていて、南の島の出来事かと錯覚するような。。。レゲエの熱い風が吹いていました。

TATEFORNIA 2


CIMG9983CIMG9987CIMG9988CIMG9986















館山湾北条海岸の海岸通り。

立教大学キャンプストアは
半世紀を越える歴史を持ちます。
平成の時に建て直されて
防音、施錠の建物になりました。
この写真は、昭和の頃の
ビーチハウスのような建物で
夏前には学生たちが来て、
店内に砂を引き詰める砂入れが
行われていました。

平砂浦海岸の波。

平砂浦は遊泳禁止エリアです。
浜にはサーフポイントに
名前が付けられ、
親しまれています。



右は、多目的桟橋ができる前の
館山桟橋の写真です。
昭和の頃は、台風による破壊で
毎年のように修理が
行われていました。

左は江見のレストランで
館山ではありませんが、
以前の愛車が写っているので
ちょいのせです。

TATEFORNIA 1

SIONE文庫「TATEFORNIA」30ページより一部。数ページをご紹介しますね。

CIMG9983CIMG9990CIMG9985表紙は秋の館山湾です。
東京から1年に数回やってくる
帆船日本丸のいる夕日劇場です。
日本丸には学生が乗り込み
航海実習の中で錨泊しています。
館山湾内で帆を張った姿を
見ることはありません。

夕刻、移りかわる夕日劇場の
美しい一瞬を捉えています。



高速館山道を富浦で降りると
バイパス道路が館山市内郊外を
布良方面に貫いていますが
そのところどころに
南の街のイメージの
並木が作られています。
それはあたかも
昭和のレコジャケのようですね。
ナイアガラトライアングルや
山下達郎さんの曲が
聞こえてきそうなエリアです。

これは異国情緒たっぷりのエリア。
でも、建物は平成から令和にかけて、もう見られなくなっています。
館山カントリークラブは平砂浦の
ゴルフ場ですが、昭和の頃は
クラブハウスがホテルでお城です。
レストランの石焼き館山ステーキ
も懐かしい建物ですね。
右はタカラガイを拾っていたビーチで「うらばんだ」というエリアです。





TATEFORNIA

館山、南房総の奇跡的な光景をカシオのデジカメで撮ったものを
PARADISE  VIEWシリーズで30ページの写真集にして個人的に
ストックしていますが、ブログでロクヨンさんの書き込みでヒントを得て
館山の異国情緒を集めた「TATEFORUNIA」を一冊、CANONで作りましたよ。
ロクヨンさん、ありがとね!

今朝、写真集が届いたので、ブログで紹介予定してま~す。

最近の2冊です。30ページのブックです。

CIMG9993
ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ