潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。Costa del Biento / Sionecafe    2022年、館山の夕日劇場を見においで

東京都

暑い時はこれ

夏が近づくと、スーパーにはスイカが出てきますね。
それを手軽に持ち歩けるものを見つけました。
東京の成城石井の100%果汁のスイカジュースです。

イメージ 1
 
イメージ 2

海で飲んでると珍しがられますが

スイカの季節ですねえ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村

見上げれば天井

オリンピックを前にして、改装が整った東京駅ですが、
よく通る丸の内北口のドーム、見上げた天井が好きでした。
改装された天井は、もっと素敵になっていました。

改装前のドーム内部です。20年位前の写真。

イメージ 1


最近の改装後のドーム天井は、アートになっていました。
十二支の彫刻が飾られて、明るい天井ですね。

イメージ 2




















では、少し似た感じのするここはどこでしょうか?

イメージ 3




















ここは日本武道館の天井です。
中央の外部には、あの「光る玉ねぎ」が
乗せられているんですね。

もう見ることがなくなってしまうのですが、
実家の旅館の部屋の天井です。
この天井は、癒されますね。日本人には見慣れた長い時間です。
イメージ 4





















気になる東京のビル

高速バスから見えたりするビルです。
イメージ 1
東京では、
山や海から上る月ではなく
ビルの影から
月が見えてくる。

東京ですねえ。


イメージ 2
これは
鉄道好きなオーナーが
建てたのでしょうか?

窓が線路図の
一部になっていますね。





イメージ 3
これは新宿のコマ劇場跡に
建てられた東宝のビルかな?

ゴジラが素敵です♪

バブル期ならば、
もっといろんな遊びが
できているのでしょうね。



イメージ 4
この規則正しさは美しいですね。

ビル文字メッセージは
この規則正しさから
作れるんですね。



イメージ 5
館山からの高速バスが、高速を降りると
右手に見える南部さんのpasonaビル。

ビルの中で米を作っていたり、
奥のガラスの中で、
野菜を作っているのが見えます。
日当たりも、植物で緩和しているようです。
日本橋でこのチャレンジができるのも、
柔軟なオーナーだからなんでしょうねえ。


東京駅の世界

いつも何度も利用している東京駅を
角度を変えて見てみると、未来都市を感じますね。

イメージ 1



イメージ 2
イメージ 3



イメージ 4


東京オリンピック後には、新しい時代が頭を掲げると思います。

昭和の組織の時代、平成の個の時代、

そして、新しい時代は共生の時代と言われてきましたが、


政治はまだ昭和の組織のまんま、市民は平成の個のまんま

既得権益は、ますます「まんま」を維持しようと小を圧し潰してきます。

欅坂の歌にこめた秋元康さんの指摘に耳を傾けています。


蔵前があつい

子供の頃、プロレスを見た蔵前国技館。
国技館も両国に戻って、少し寂しかった蔵前ですが、
いま、蔵前があついです。

蔵前はいまも専門文具の店が数軒あって、
ノートはもちろん、欲しいものがそろっています。
文具屋さんを回っている人も結構いますよ。
では、変貌を遂げた「蔵前」のお店です。

イメージ 1
イメージ 2


イメージ 3
イメージ 4


イメージ 5
蔵前を訪れたら、有名な文具屋さんを

回ることをおすすめします。

お好みの文具を買った喜びをもって、

おいしいお店を訪ねては

いかがでしょうか。


隅田川にかかる蔵前橋の雄姿も見て欲しいですね。

以前、築地に会ってガテン系の雑貨を売っていたお店も
〈スコップ型のスプーンやテトラポット型のクッションなど〉
蔵前に移転したうわさを聞いていきたかったのですが、
いまは、雑貨をやめて飲食店になっているそうです。


行きたいお店

マイノートから、お気に入りのお店を紹介しますね。

まず、まだ行ってないんですが、ぜひ行きたいお店です。
イメージ 1
市ヶ谷「光華亭」の餃子

餃子は好きで、北千住の店や
飯田橋の餃子会館とありましたが、
学生時代以来で訪ねたら
すでにお店が無くなっていました。
そこで、光華亭はぜひ行ってみたい。
秋元康さんが、
「死ぬまでに食べてみたい」と
言ったとか。。。


イメージ 2
銀座 「伴助」

銀座の裏通りにありますが、
高級干物のお店です。
鮭とサバの干物は至福を感じます。
ランチタイムは予約がいるほど
込み合います。

ここは知る人ぞ知るお店です。


イメージ 3
西銀座 「雛 鮨」

2時間の食べ放題 4309円
ネタは最高なので、納得かな。
有楽町の有名な宝くじ売り場の
2階あたりにあります。


どれも、考えただけで行きたくなってしまいます。

都会の中の昭和

入院中に見つけたお店ですが、
まだ行ったことがありません。

イメージ 1


街が激しく変貌を遂げる日本橋界隈で、

古い洋館のようなたたずまい、屋根には風見鶏。

モーニングはたっぷりのボリュームで500円。

いやあ、行ってみたい!

この建物が、三越前駅周辺にあって

よく残ってくれました。

門前仲町

最近夢に見るのが、この町で生活していた頃のこと。

15歳から30前までの多感なころを
東京深川の門前仲町で過ごしました。
この街は、母も若い頃住んでいた街、
母方の祖母も交差点近くの和菓子屋さんで
働いていたらしく、親子3代で住んだ街です。

母も祖母も亡くなってしまい、
ときどきこの街に行くと思いだしてしまいますね
イメージ 1



イメージ 2
イメージ 3


(左上)従弟と野球をしに来た広場。
(右上)この赤い橋は有名ですが、以前は人工的な木場の堀だったのが
   下が遊歩道にかわっていました。

イメージ 4
ここの5階にお世話になっていました。
あの頃は1970年代で、まだ日本橋へ
路面電車(都電)で買い物に行けました。

5階だったので、窓からは
霞が関ビルが見えて、
「祝アポロ」の窓灯文字が
確認できた時代です。


懐かしかったのは、このあたりが材木問屋が並んでいた名残り。

イメージ 5
梶本銘木、福清銘木の
双子のような建物。

まだ残っていました。

裏の窓には丸太いかだを引いた
ポンポン船、いかだの上では
長い棒を持った兄さんが座っている。


もう遠いむかしの話に思えますね。


ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ