潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。Costa del Biento / Sionecafe    2022年、館山の夕日劇場を見においで

幽霊坂

1970 〈7〉千代田区図書館

二人はこの道をまっすぐ進んで、白百合学園の見える通りまで出てきた。この辺りで一つ残っていた坂道が、この右手にある富士見坂だ。この坂を靖国神社に沿って市ヶ谷方面に下っていくと、三輪田学園の角を左折して靖国通りに上がっていく一口坂〈いもあらいざか〉と合流している。ここは祖父の竹下家を訪問した話からは少し外れるので、竹下という名前の家があるかどうかだけ調べたが、得られる情報はなかった。

1393472160_3038416「ミユキちゃん、まだ時間があるし、ちょっと図書館へ行ってみようか?」
「うん、幽霊坂って気になるもんね」
ふたりは日本武道館の前の靖国通りを、九段下の駅に向かって下って行った。目白通りとの交差点を右に曲がり、九段会館の前を通って、その並びにある千代田区役所の建物の上階にある千代田区図書館を目指した。凪の学校は千代田区で、この図書館をよく利用していて勝手が分かっているので、すぐに富士見の「幽霊坂」を調べることができた。

文久二年〈1862年〉の東都番町大絵図によると、三つの幽霊坂の辺りは牛込御門と田安門の小役人の密集地となっている。そして、幽霊坂の答えに導かれた。最初に見つけた幽霊坂と二番目に左手に見つけた幽霊坂の二つは、江戸時代に名付けられている。幽霊が出る坂なのではなく、目立たない場所にあるゴミ捨て場だったようだ。危険だったり不潔だったりするこの場所に、子供たちが近づかないように幽霊坂と呼んだらしい。三番目に見つけた幽霊坂は新しく、前出のようなゴミ捨て場ではなくて、私道であったため、人が出入りすることを禁止するために幽霊坂と名付けているようだ。いずれにしても、人を近づけないように「魔除け」のような役割でついた坂の名前だったようだ。

「へえ、そうなんだ。よかったぁ、幽霊が出る坂じゃなくて」
「ミユキちゃん、背中に何かついてるよ~」
「キャー!」
図書館中にミユキの悲鳴が響いた。図書館内の人たちが一斉に、迷惑そうにこちらを睨んでいる。
「すいません、すいません」
「ごめんなさ~い」
ふたりは周りの人にペコペコ謝りながら、逃げるように図書館を出た。

1393472010_2950300「も~う、図書館で驚かせなくてもいいじゃない」
「ホント、ごめんね」
「あ~あ、恥ずかしかった。もう図書館に行けないよ」
「ごめんね。亞砂呂のチーズケーキをおごるから許して」
「亞砂呂のチーズケーキ? なら許してあげる」




交差点から神保町方面に向かって数軒先にある亞砂呂は、凪の母のお気に入りのお店だった。母親と九段下に来るときはいつも寄ったお店だったので、お馴染みのお店だ。チーズケーキを食べながら、話題はテレビ番組の話になった。凪はこの年に放映が始まった「柔道一直線」の話で、桜木健一演じる一条直也の実現不可能な技の話と、近藤正臣さんが足でピアノを弾く話、吉沢京子さんが可愛いと言う話を立て続けにしたが、ミユキはあまり興味を示さなかった。ミユキは岡崎友紀と石立鉄男の「奥様は18歳」の話だった。そういえば、クラスでは岡崎友紀派と吉沢京子派に人気を二分していた。

「ところでさあ、『不幸の手紙』って知ってる?」
「なにそれ?」
「私のところへ来たのよ。死神からの手紙で、あなたのところで止めると必ず不幸が訪れるって書いてあるの」
「へえ、面倒な手紙だね。やめたくてもやめると気持ち悪いよね」
「そうなの、でも字が丸いから、書いた友人は分かったんだ」

「それで、ミユキちゃんは書いたの?」
「宛名を書かずに出したよ。もちろん差出しの名前も書いてないよ」
「ナイス! でも郵便局はどんな対応になるんだろうね?」
「捨てておしまいじゃない? わたしは切手代を損しちゃったけどね」
「まったく迷惑な手紙だね」
「全国的に広まっちゃったみたいなの。誰かがやめないといけないのよね」
「不幸の手紙って、度胸試しみたいな手紙だと思えば何でもないね」
凪は、怖がりながらも、笑って言い放った。

「ねえ凪、坂の近くってひと通り調べたけど、情報は一件だけね」
「うん」
「おじいさまから弓道の話は聞いたことはあるの?」
「じいちゃんは、仕事を引退してからは弓ばかりだったなあ。弓道は七段教士だったよ」
「その竹下さんのことは、どんなふうに聞いているの?」
「じいちゃんが若い時、東京の道場に来た時に知り合ったらしくて、それ以来ライバルで親友だって言ってたよ」
「そんな竹下さんに伝えたかったことが手紙にあるのね。頑張って探さなきゃね」
「うん、来週は北千住に行ってくるよ」

     〈続く〉

1970 〈6〉飯田橋

餃子会館を後にしたふたりは、飯田橋駅の線路沿いの道を歩き、警察病院の前までやって来た。

ふと、鰻を焼くにおいが漂ってきた。日本歯科大学の体育館の横に、老舗のうなぎ屋さんがある。凪も飯田橋から歩くとき、鰻をさばいている光景をよく目にしていた。とてもいい匂いだが、餃子を食べたばかりの二人には食欲を誘うものではなかった。ミユキの作った地図を見て、富士見の坂の位置を確認していた。
「先週は目白通り側の坂を調べたから、今日は富士見の反対側の坂に行ってみようか」
「うん、早稲田通り沿いの日本歯科大学の裏手に3か所だけど坂があるみたいね」
「じゃあ、そこから行ってみよう」

地図を頼りに歩いて行くと、飯田橋駅の外濠に近いところから日本歯科大学の裏手に向かって下って行く坂道があった。ここは江戸時代からある坂で、幽霊坂と言われている。何とも不気味な名前の坂道である。坂に面してる何軒かの家人に竹下という家があったか、竹下という弓道をする人を知らないかと尋ねて歩いたが、得られる証言はなかった。この坂を下って行くと、左手に早稲田通りから繋がった日本歯科大学の裏通りから下ってくる坂道がある。この坂も、何と同じく幽霊坂と呼ばれている。これで二つ目の幽霊坂を見つけたことになった。この坂の住人にも数軒聞いて回ったが、竹下氏の情報は得られなかった。

さらに、その坂道を左に見て少し進み、日本歯科大学の真後ろまで来ると、左手から曲がって下ってくる坂道があった。この坂もまた、幽霊坂と呼ばれていた。この三つ目の幽霊坂はは江戸時代は坂道ではなく、のちの法政大学の敷地内だった。昭和30年代に開削されて住宅地となったらしい。それならば、何故この新しい坂道まで幽霊坂と名付けられたのだろうかという疑問が残った。新しい住民たちは好き好んでこんな気味の悪い名前の坂にはしないだろう。この坂の住人達も竹下氏の情報は持っていなかった。しかし、驚いたのはこの狭い地域に三つの幽霊坂があったことだ。

1213768930_917547「ねえ、凪。いま私たちがいる所って、三つの幽霊坂に挟まれているよね。ここって、出るのかなあ」
「まさかあ、そんなとこに家を建てて住まないでしょ。それぞれの坂にきっと意味があるんだよ、きっと・・」
「きっとォ?」
「何でこんなに幽霊坂があるのか、図書館に行って調べてみるよ。民家もたくさんあるから、とりあえず、じいちゃんの親友のことを聞いてみようよ」

と、言いながらも足早にその場を離れていった。そして、ふたりは手分けをして民家を訪ねて弓道をする竹下氏の情報を聞いて回った。ふたりが中学生であったために、住民の方たちも警戒せずに親切に話してくれたようだ。ここで1件だけ情報があった。この幽霊坂からは少し離れるが、竹下という家があったということだ。十年ほど前に北千住に引っ越したという。ご近所の方が年賀状のやり取りがあると言うことで、住所も分かった。これはひとつうれしい情報を得ることができた。
    〈続く〉
ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ