潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。Costa del Biento / Sionecafe        Seaside Blue Rosesを夢見て

SIONE文庫

Paradise View

南房総館山は、僕が子供の頃よりも南国化してきています。

そんな館山の奇跡的な風景を切り取りました。


CIMG0115CIMG0116CIMG0117CIMG0118CIMG0119CIMG0122CIMG0123CIMG0124

門前仲町の思い出

門前仲町は隅田川の東側の深川地区にあります。
昭和40年代から20年弱住んでました。
下町なんだけど、日本橋まで地下鉄で2駅、
学校のあった九段下、お茶の水も20分圏内で、剣道の朝練も間に合いました。
思い出の門仲を個人で楽しむために作りました。


CIMG0100CIMG0109CIMG0108CIMG0106CIMG0102CIMG0101CIMG0105

3部作写真集

SIONECAFEの南房総写真集3部作が出来上がりました。
こうしてみると、飾っておくときれいですねえ。


CIMG0167CIMG0126CIMG0125

Seaside Blue Roses

とってもポップな写真集が出来ました。。。といっても売ってないんですけど。
20ページのブックですが、一部ですが、見てみて下さい。
海辺の青いバラ。。。

あるはずのない光景が、海辺にある奇跡を集めてみたかった。

CIMG0125CIMG0123CIMG0119CIMG0118CIMG0120CIMG0124

古本の旅、ザビエルを日本に連れてきた男

CIMG0376学生時代に神保町の古本屋さんで購入した本です。昭和24年に出版された「英文法講義」という本です。








CIMG0377この本のうら表紙から2枚目にこの本の持ち主の署名があります。池端清俊さんハンコウも押されています。さて、この人はどんな人なんだろう?と調べてみました。








CIMG0378 (2)池端清俊さん、「侍とキリスト、ザビエル日本航海記」という本に関連して登場していました。どうやらフランシスコ・ザビエルを日本に連れてきた男。。。ヤジローという人の子孫にあたる人らしいのです。確実ではないけど、おそらくこの方のような気がします。





CIMG0379wikiによると、このヤジローさんは。。。

ヤジローは当時の音韻からアンジロー、洋風にアンジェロともいわれる。彼はフランシスコ・ザビエルの通訳者、神概念や聖句などの翻訳者として活躍し、西日本地域で布教・宣教活動に従事した。彼の出自や本名などについては研究者によって区々である。一説では豪族禰寝氏庶流池端氏の可能性が指摘されている。ザビエル離日後のヤジロウについては、ルイス・フロイスなどの証言があるものの、彼がいかなる人生を送り、どこで亡くなったかは不確かである。

ヤジロウは薩摩国あるいは大隅国鹿児島)の出身である。彼自身やザビエルの書簡によれば、若い頃に殺人を犯し、薩摩や大隅に来航していたポルトガル船に乗ってマラッカに逃れた。その罪を告白するために、ザビエルを訪ねたという。二人を引き合わせたのは、天文15年(1546年)に薩摩半島最南部の山川にやって来たポルトガル船船長のジョルジュ・アルヴァレスである。船長はマラッカへ帰る際、ヤジロウを乗船させ、ザビエルを紹介した

ヤジロウはもとは貿易に従事していたと考えられている。フロイスの『日本史』では海賊であったと書かれている。ザビエルの導きでゴアに送られたヤジロウは、1548聖霊降臨祭ボン・ジェス教会で、日本人として初めて洗礼を受けた。洗礼により彼は「パウロ・デ・サンタ・フェ」の霊名を授かった。その後、彼は同地の聖パウロ学院でキリスト神学を学んだ

ヤジロウはザビエルから、日本でキリスト教の布教をした場合を問われ、スムーズに進むだろうと答えた。ヤジロウの人柄と彼の話す日本の様子を聞き、ザビエルは日本での活動を決意した。ヤジロウはザビエルに従いゴアを離れ、鹿児島に上陸。ここに日本におけるキリスト教布教の第一歩を記した。

その後のヤジロウの生涯については不詳である。上記の記述によればザビエルの離日後、ヤジロウは布教活動から離れて海賊の生業に戻り、最後は中国近辺で殺害されたという。また、フェルナン・メンデス・ピント東洋遍歴記ジョアン・ロドリゲス日本教会史』によれば仏僧らの迫害を受けて出国を余儀なくされ、中国付近で海賊に殺害されたという

隅田川の橋<千住大橋から築地大橋>

新しいブックを一冊だけ作りましたよ。
門前仲町に住んでいたので、あの頃撮りためた写真から作った切り絵です。


門仲から旧商船大学の正門前から月島への橋、相生橋が表紙です。

CIMG0327













CIMG0328そして千住大橋~千住汐入大橋









CIMG0329水神大橋~白鬚橋










CIMG0330X形態の歩道橋、桜橋~浅草言問橋

都鳥でしょうか?
いざこととわん






CIMG0331水上バスの発着の吾妻橋~厩橋










CIMG0332駒形橋~蔵前橋










CIMG0333両国橋~新大橋









CIMG0334さんまさんと大竹しのぶさんの男女七人夏物語、
池上季実子さんも出ていましたね♪
清洲橋~高速道路を背負った隅田川大橋







CIMG0335赤穂浪士が渡った頃は木造だった永代橋~
フランスのセーヌ川との友好河川を
記念してつくられた中央大橋








CIMG0336佃の渡しも懐かしい佃大橋~勝鬨橋
小学校の頃見た映画で、
ゴジラが上陸したのは勝どき橋あたり








CIMG0337東京五輪を機に豊洲から築地に
架けられた築地大橋

館山フラメンコの記憶

毎年8月8日の館山花火大会に合わせて開催される全国大学フラメンコ大会。

来年は全開放で開催されるといいですね。


CIMG0134CIMG0135CIMG0139CIMG0141CIMG0143CIMG0146

図鑑的な資料になれば

平成13年から、職域の広報誌に関わって東京に月2回通っていて、
館山の図鑑的なものも残したいと作り始めました。
あれから、けっこうシリーズ化できました。

売り物にしていないのは、歴史的な写真の数枚がお借りしたものなので、
まとめて閲覧できるように本にまとめたからなのです。
ほとんどは、ぼくが撮り集めた個人的な写真です。
CIMG0161












CIMG0113CIMG0114CIMG0115CIMG0116CIMG0117 (2)CIMG0118
ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ