潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。懐かしい未来と館山から海辺の情報を。/ Sionecafe

鈴木海都スピンオフ

海都が潮音海岸に帰ってきた日(海都の15年) 第1話

・海都が潮音海岸に帰ってきた日(海都の15年)・

1997年の夏、海都はレールをひかれた一流企業を退社した。
それは大きな決断だった。何かに導かれるようにたどりついた潮音海岸で
少年のこころを取り戻した海都はいっときの夢の世界にいた。
しかし、海都はどうあることが海都なんだろう?ぼくなりの結論です。
この海都編は、前出の「続 ビーチボーイズ」の本編に続きます。
出演者それぞれのスピンオフの15年です。
 
その日、海都は友人を訪ねてシンガポールにいた。

彼の友人は、総和物産の同期入社の水野一郎という企業戦士だ。
いまは、総和物産からはなれて、ベンチャー企業の社長として、
シンガポールに会社をもっている。。。。。
 
 


イメージ 1
 
 海都はペナン島でスキューバダイビングのインストラクターの
仕事をしている。
この夏、そこに水野の家族がバカンスで訪れたのだ。

海都の勤めるスキューバダイビングスクールのショップ
海都  「おはようございます」
女社長 「おはよう、海都。
きょうは日本人のツアー客と日本人の家族が一組よ」
海都  「わかりました」

ショプ内のセミナールーム
海都  「みなさん、おはようございます。
きょう一日、みなさんのお相手をします。
     インストラクターの鈴木です。
     ルールを守って楽しくやりましょうね」
挨拶をする海都をじっと見つめる男がいた。

海都  「それでは、海のほうに移動してください」
ツアー客は立ち上がり部屋を移動しはじめた。ひとりの男が声をかけた。
水野  「おい、鈴木!」
海都  「え?」
海都が振り向いた。

水野  「鈴木海都だろ? おれだよ、水野一郎だよ」
海都  「ああ、水野か。どうしたんだよ」
水野  「おいおい、それはこっちのセリフだろう。
     山崎くんをほったらかしてこんなところで何してんだよ」
海都  「うん・・・」
水野  「あ、おれな、いまここにいるんだ。一度あそびにこいよ」
 
水野は海都に名刺を渡した。海都はその名刺を見つめていた。
(ショップのウィンドチャイムが鳴る。
 海都を写すカメラが上空からの画像となる)

イメージ 2
 
 
 
 
ふたたび、シンガポールの街。
 
水野の名刺を持った海都が歩いている。
あるマンションの扉の前でチャイムを押す海都。
水野の妻が扉を開いた。

水野の妻「鈴木さん、いらっしゃい。
     先日は家族でお世話になっちゃって」
海都  「いえ、ぼくも楽しかったです。
     あ、これ、ペナンのおみやげなんですけど、どうぞ」
水野の妻「あら、気を使わなくていいのに・・」
海都  「いえ、どうぞ」
水野が奥から出てきた。

水野  「おお、来たか? あがれよ鈴木。」
海都  「うん、お邪魔します」
水野が海都を居間にまねく。

水野  「いやあ、おどろいたよ。まさか、あんなところで
     おまえと会えるなんて思わなかったよ」
海都  「いろいろあってね」
水野  「大崎部長からは、いや今は専務らしいけどね、
     おまえは民宿のおやじやってるって聞いてたからさ」
水野の妻がビールを運んできた。

水野の妻「鈴木さん、きょうはお酒飲んでもいいんでしょう?」
海都  「はい、いただきます」
水野  「ほら」
水野が海都のコップにビールをついだ。

水野  「まあ、いっぱいやろう」
海都  「一緒に飲むのは3年ぶりかな」
ふたりはしずかに乾杯した。

水野  「それで?おまえはなんでペナンにいたんだ?」
海都  「ああ、イルカの捕獲とかの仕事もしてたんだけどね」
水野  「ええ?なんだそれ?」
海都  「東京のデパートで海の中の写真展を見る機会があってね。
     やってみたくなったんだ。スキューバダイビング。
     それで、その写真家のひとに聞いたら、
    一緒に来ないかと言われて、ペナン島にいくことになったんだ。
    女性の写真家なんだけど、それがいまの社長」

水野  「そうかあ、それで、山崎くんとは連絡取ってるのか?」
海都  「ときどきね」
水野  「それじゃあ。山崎くんがかわいそうだな」
海都  「え?」

水野  「山崎くんだって、このままじゃあ いけないだろう?
     結婚するとか、別れるとか、はっきりしてあげないとな」

海都  「さくらはわかってくれてます」
水野  「なにをわかってくれてるんだ?おまえは甘ったれてるんだよ。
     山崎くんはいくつになったんだよ、
     おまえの気まぐれを待てる年か?
     だいたい、おまえがなりたかったのは民宿のオヤジや
     潜りの先生だったのか?
     入社したときはお互いに同じ夢を見てたよなあ」
海都はそう言われて、くちびるをかみしめた。


海都の胸のどこかに会社での自分の夢がくすぶっていた。
水野はそれを揺り起こす役目を担ってしまったようです。
 
イメージ 3
 
 
    2話につづく
 
 

ビーチボーイズ(海都の15年)その2

ビーチボーイズ(海都の15年)その2

イメージ 1
 
 
 
東京、総和物産のオフィース。

村井  「大崎専務、この書類は総務にあげておいていいですか?」
大崎  「ああ、村木、よろしくたのむ」

村井  「専務、わたしは村井です。村木じゃないですよ」
大崎  「ああそうか、わるかったなあ、村木!」
村井  「だからあ~、もうなんで、いつもまちがえるんだろうなあ?」
※1997年のドラマ本編でも大崎は村井を村木と間違っている。
 これは台本で間違えたのではなく、大崎役の平泉成さんが言い間違えたものに
 スタッフも気づかずにオンエアされたのでしょうね。
 
大崎部長は、専務になっていた。
企業戦士たちが、いそがしく動いている。

大崎専務が総務課に顔をだした。

大崎  「山崎くん、いるか?」
さくら 「はい」

大崎  「紹介しよう。こんどニューヨーク支社から帰ってきた中村俊吾だ。
           本社に早く慣れるように面倒みてやってくれ」
さくら 「はい、専務」

中村  「中村です。ニューヨークには5年行ってました」
さくら 「山崎です。よろしくお願いします。
     では、こちらに」

さくらは中村に、総務課の仕事を案内した。
そして、その夜は中村の歓迎会がもようされた。


中村  「山崎さん、よろしくお願いします。いろいろ教えてください」
さくら 「教えるなんて。。、いっしょにがんばりましょう」

中村  「山崎さんのような方といっしょに仕事ができるなんて、
     夢のようです」
さくら 「え?あ、いえ・・」
中村 「山崎さんは付き合っている方とかいますか?」
さくら「え?」

その様子をみていた上席の大崎専務がさくらを呼んだ。

大崎 「おおい、山崎くん飲んでるか?ちょっとこっちにきてくれないか」
さくら「あ、は~い、チョット失礼します」
さくらは、助かった思いで、中村のとなりから大崎の席に来た。

大崎 「中村なあ、使える男なんだが、少しクセがある。
    わるいが、面倒みてやってくれ」
さくら はい」

大崎 「ところで山崎くん、鈴木とは連絡とってるのか?」
さくら「たまにですが・・」

大崎  「鈴木。。。あの民宿やめたんだろう?」
さくら 「ええ」
大崎  「じゃあ、帰ってくればいいのになあ。
     一度、私のところへ来るように言ってくれないか」
さくら 「え?鈴木さんをですか?」

大崎  「うん、今度大きなプロジェクトがあるんだが、
     どうも村木では、きりまわしができそうもないんだ」
さくら 「鈴木さんがその担当に・・・」

大崎  「私も専務になって、ある程度の裁量権もってるんでな、
     山崎くん!(笑)」
さくら 「専務、ありがとうございます。早速連絡をとります」
大崎  「うんうん♪」

中村  「山崎さ~ん、こっちにきてくださいよ~」
さくら 「は~い」
大崎  「わるいな、山崎くん」


さくらにとっては面倒な中村の歓迎会は終わった。
その夜遅く、さくらは海都に連絡をとった。
海都  「はい、あ?さくら」
さくら 「どう?元気にやってるの?」

海都  「うん、どうしたの?」
さくら 「会社の大崎専務が、海都に頼みたいことがあるんだって。
     来週、日本に帰ってこれないかな?」
海都  「ずいぶん急だね。なんだろう?」
さくら 「悪い話ではないと思うよ。海都にとっても、
     わたしにとっても・・」

いつもなら、簡単にことわる海都だったが、この日は素直に受け入れた。

海都  「そう、じゃあ来週帰るよ。」
さくら 「え?」
海都  「なにを驚いてるの?」
さくら 「だって、海都はすぐに断ると思っていたから・・」
海都  「。。。さくらにも迷惑かけてるね」
その言葉に少し涙ぐんださくら。

さくら 「じゃあ、来週まってるね」
海都  「うん、じゃあ来週ね」
さくら 「うん」

電話を切ったさくらはうれしかった。
 
 
イメージ 2



海都がさくらに呼び出されて東京に帰ってきた。
水野の話を聞いて以来、
さくらが気になっていたので、素直に呼び出しに応じた。

ひさびさにカラーシャツを着こなした海都のスーツ姿があった。
海都  「いま、東京駅。それでどこにいけばいいの?」
さくら 「総和物産、会社の専務室で大崎専務が待っています」

総和物産の前まで来て、ためらいがちに会社に入る海都。
入って右手の受付に向かう。見慣れた風景だが、きょうは来客の身だ。
海都  「鈴木と申します。大崎専務はいらっしゃいますか?」
受付  「アポイントはとっていらっしゃいますか?」
海都  「ええ・・」

気になっていたさくらが受付までおりてきていた。
さくら 「海都!」
海都  「ああ、さくら・・」
さくら 「アポはとってあるから、私がお連れします。」
受付  「あ、はい」
エレベーターエントランスで後輩の村井とでくわした。

村井  「あ、鈴木さん、きょうはなんですか?」
海都  「よう村井、がんばってるな!」
村井  「はい、急にいなくなっちゃうから、困りましたよ」
海都  「聞いてるよ、中東のプラントしっかりやったそうじゃないか」
村井  「ありがとうございます。鈴木さんのおかげですよ」
海都  「じゃあ」
エレベーターの扉が閉まった。
エレベーターの中は海都とさくらだけになった。

さくら 「来てくれないのかと思った」
海都  「このあいだ、同期の水野とあったんだ」
さくら 「ああ、シンガポールで独立したんだっけ?」
海都 「うん、あいつはがんばってるよ。そこで言われちゃったんだ。
    潜りのインストラクターがおまえがやりたかったことなのか?
    って。。。」
さくら「海都はなんて答えたの?」
海都 「何も答えられなかった・・でも、ハッとしてさ、
    夢からさめたみたいな気持ちになった」

エレベーターがとまって、扉が開いた。
 
イメージ 3
 
 
  3話につづく

続ビーチボーイズ(海都スピンオフ)3話

イメージ 1
 
エレベーターが止まって、扉が開いた。
エレベーターを降りたふたりは専務室に向かった。
さくらが専務室のドアをノックした。
 
大崎 「はい」
さくら 「山崎です。鈴木さんをお連れしました」
 
大崎 「おお、入ってくれ」
 
ドアを開くと、正面のデスクに見慣れた大崎が座っていた。
海都が見えると、大崎が立ち上がり、笑顔で歩み寄ってきた。
 
大崎 「よお鈴木、元気だったか?会いたかったぞ」
海都 「部長!」
大崎 「鈴木、私はいまは専務なんだよ」
海都 「あ、すいません。専務、ご無沙汰しています」
 
部屋を出ようとするさくらに、大崎が言った。
大崎 「あ、山崎くんも一緒にいてくれないか」
さくら 「はい」
 
大崎 「まあ、座れ」
ソファに海都をいざないながら、大崎は話し始めた。
 
 
大崎 「鈴木、いま何をしてるんだ?」
海都 「はい、スキューバのインストラクターです」
 
大崎 「楽しいのか?」
海都 「ええ、まあ。。。」
 
専務室の秘書がお茶を運んできた。
 
専務秘書「お茶をどうぞ、鈴木さん」
海都  「ありがとうございます。いただきます」
 
専務秘書「久しぶりですね。鈴木さん」
海都  「あ、あれ?亜希子ちゃん?」
 
専務秘書「民宿ではお世話になりました」
海都  「あのときは花火が見れなくて残念だったね」
 
専務秘書「そう、残念だったけど、鈴木さんが作った食事を食べられたし。。。
       フフ、いまは大崎専務の秘書をやってるんですよ」
 
海都  「そうなんだあ、さくら何も言わなかったから。。。」
大崎  「なんだ?そうだったのか?
      亜希子くんも、あの民宿に行ったのか?」
 
専務秘書「はい専務、ね、さくら」
 
小さくうなづくさくらを見て、海都は言った。
海都  「亜希子ちゃんにも心配かけたね」
専務秘書「そうですよ。さくらかわいそうだったんですよ。今も。。。」
さくら  「亜希子。。。」
 
イメージ 2
 
 
その様子を煙草を吸いながら聞いていた大崎だったが、
真顔になって煙草を灰皿に押し付けて消した。
 
そして、海都を見つめて話し始めた。
大崎  「なあ鈴木、民宿のときのことは目をつぶろう。
     あれは俺も理解できる。でも、いまの仕事は
     おまえの一生の仕事なのか?」
 
海都  「わかりません」
大崎  「俺はいまでも、おまえの才能を高くかっているんだ。
     このままでは、もったいないと思っている」
 
海都  「。。。。。」
大崎  「実はなあ、今度社運をかけた大きなプロジェクトが動く。
     鈴木!もう一度戻ってこないか?」
海都  「え?」
 
大崎  「おまえが一生かけてもいいと言っていた
     あのプロジェクトが動くんだよ。
     この仕事はおまえか水野にしかできん。
     しかし、水野はもうここにはいないしな」
 
海都  「あの日、水野とぼくが進めた企画が通ったんですか?」
大崎  「ああ、皮肉なもんだな。水野も鈴木も居なくなってから動き出した。
     どうだ、鈴木、戻ってこないか?俺が戻してやるぞ」
 
海都のなかの仕事への夢が蘇ってきた。
水野への思いもある。
 
海都  「部長!」
大崎  「だから専務だって」
 
海都  「専務、よろしくお願いします」
さくら  「海都♪」
大崎  「そうこなくっちゃ、なあ鈴木!」
 
大崎は海都の肩をつかんで、うれしそうに笑った。
 
 

続ビーチボーイズ(海都)4話

イメージ 1
 
トントン、専務室のドアを誰かがノックした。
 
大崎  「はい」
中村  「中村です。失礼します」
大崎  「なんだ?」
 
中村はさくらを見つけて、うれしそうに言った。
中村  「ああ、山崎さん、ここにいたんですかあ?探してたんですよ」
さくら  「なにか?」
 
中村  「いっしょにお昼でも食べようかと思って」
大崎  「中村、おまえ、それだけの理由でここまで来たのか?」
中村  「はい」
 
 
海都  「さくら、だれ?」
さくら  「今度総務に入った中村さんです」
 
中村  「ああ、ニューヨークがえりの中村です。あなたは?」
海都  「鈴木といいます」
大崎  「ああ、中村にはまだ紹介してなかったな。
      俺の片腕として働いてくれていた鈴木海都だ。
      今度のプロジェクトの考案者だ。
      このプロジェクトの責任者になる予定だ」
 
中村  「それはどうも!
      でも、なんで山崎さんのことを
      さくらなんて呼ぶんですか?
      それと、何を3人で喜んじゃっているんですか?
      鈴木さんと山崎さんて、いったいどういう関係なんですか?」
 
大崎  「山崎くんと鈴木はだなァ、
     んんん。。。もう婚約しとるんだ」
中村  「ええ~~~?」
 
海都・さくら 「ちょっとちょっと、専務!?」
ザ・たっちのギャグのように言う海都とさくら。
 
ヘナヘナと座り込む中村をよそに、3人は笑顔で喜び合っていた。
海都も婚約といわれても、かえって自然に感じていた。
中村の存在が、
さくらと海都の仲を結びつけることになった。
 
 
海都には連絡したい友がいた。
 
海都  「もしもし、水野? 鈴木だけど・・鈴木海都」
水野  「おう、どうした?」
 
海都  「おれ、会社に戻ったよ」
水野  「ええ?ほんとうか?」
海都  「うん、大崎専務がぼくの居場所をつくってくれた」
水野  「よかったじゃないかっ!それでいいんだよ。
      それでこそ、鈴木海都なんだよ」
 
笑顔で照れる海都であった。
海都  「ところでさあ、水野、
      以前ふたりで企画書上げたの覚えてる?」
水野  「ああ、夢のような話しだけど、いい企画だよな」
 
海都  「実は、あの企画が動き出したんだ。
     ぼくも水野も居なくなったあとで、あの企画が通ったらしい。
     水野、協力してくれる?」
水野  「おれも自分の会社で精一杯だから動きがとれん。
      鈴木と一緒にやりたいのは山々だけど
      おまえの活躍を陰ながら応援させてもらうよ」
 
海都  「ありがとう。あの時水野と会ってから、
      人生が急に回り出したようだよ。
      まず、水野にお礼をいいたくてさ」
水野  「あの企画がなぁ、思い出すなあ。おまえと何日も徹夜して話し合って
     夢中になって企画書つくったよなあ」
 
海都  「ああ、そうだったよな」
 
 
水野  「ところで、山崎くんとは会ったのか?」
海都  「ああ、面白いいきさつがあってさあ、一気にまとまっちゃって。
     水野にも招待状を送らなければいけなくなっちゃったよ」
 
水野  「ええ?なんだって?招待状って結婚式か?
     おいおい、盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎだな(笑)」
 
 
水野との電話は深夜までつづいた。
それは、海都にとっても心踊るような時間だった。
 
イメージ 2
 
 
その年の六月、海都とさくらは小さな教会で結婚式をあげた。
内々の本当にささやかな結婚式だった。
 
仲人の大崎専務夫妻もにこやかな、こころ温まる式になった。
大崎  「そうそう鈴木、前から気になっていたんだがな」
海都  「はい、なんですか?」
大崎  「あの~、そのな、瑠璃の島って知ってるか?」
海都  「いえ、知りません」
 
大崎  「行ったこともないのか?」
海都  「はい、それってどこなんです?」
大崎  「あのなあ、おまえ床屋の経験はあるか?」
海都  「何言ってんですか?あるわけないじゃないですか」
大崎  「いやいや、いやな、俺の勘違いだったようだ(笑)」
 
そして海都は中東のドバイへ長期出張となった。
海都と水野が描いた夢の実現に向けて、
おおいに腕をふることになった。
 
海都の出張を待つさくらは、3年前にロンドン支社に転勤となった。
海都は10年もの間、このプロジェクトに参加していた。
その事業も一段落して、海都は東京に帰ってきた。
大きな夢が実現して、海都の心は晴れていた。
 
3月に日本に帰国した海都。さくらは半年後に帰国する予定だ。
会社近くにある晴海公園で、海を見ながら煙草を吸う海都。
ここは以前、会社を辞める前に決断を固めた場所だ。
 
ピ~ヒョロ~とトンビが遠鳴きをした。
 
海都  「行ってみようかな?」
海都はつぶやいていた。
あの日のように。。。
この海は潮音海岸への郷愁をそそったようだ。
 
海都はいつものカバンをさげて部屋を出た。
いつもの電車は海沿いを走る。
海沿いの道路に、あいつがいるんじゃないかと
落ち着かない海都だった。
 
イメージ 3
 
Photopresso canonのサイトでsionecafeの作った館山の写真集が見られます
SIONECAFEの館山の写真集


1.想い出の安房南高校校舎
2.フラメンコinタテヤマ
3.安藤さんの「海からの伝言」
4.南房総のおいしいもの
5.布良の町をゆく
6.珍百景の旅
7.パラダイス・ビュー

下のURLをコピペしてご覧ください。

https://wpb.imagegateway.net/user/show/3221222343_9d2c47591dee05d7

ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ