潮騒が聞こえる〈BEACHBOYS1997〉

たそがれ時を過ごす場所。懐かしい未来と館山から海辺の情報を。/ Sionecafe

館山湾の貝図鑑

白浜の浜辺

CIMG1169昨日の続きですね。
もう何人かが貝を
拾っていました。

根本のキャンプ場から
旅館清都までの海岸には
都会から逃れて遊びに来た
家族連れやカップルの車。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村





CIMG1170この浜で拾えたのは、どでかいヤツシロガイ。

僕の大好きな透明感のあるキイロダカラ。
そして、小さいけどクロダカラが2個
ハナマルユキ、ナツメなどでした。

砂浜には、打ち上げられたか釣られて
捨てられたか、ハリセンボンがっ!

CIMG1164

打ち上げタカラガイ

海歩きをして、打ち上げられたタカラガイを拾いに行きました。
この冬は台風以降、浜の形が変わってしまっていて、いつもは波打ち際なのですが
波打ち際には砂が吹き上げられて小さな山が作られてしまい、
タカラガイが埋まってしまっています。さらにその砂の上に打ち上げられたものだけが
目に留まる状態でした。

CIMG0473
幸い、ピカピカに光るハナマルユキがひとつ、紫色がかわいいアヤメダカラ、
そして僕の好きな色白のキイロダカラがひとつ。拾えました。
あとはクロスジクルマガイ。オミナエシやハナマルユキはこのあたりではけっこうあります。
今回はこの4つを持って帰りました。


浜には死んだ大きなウミガメをカラスが突いていたリ、東京立川の柱が流れ着いていたリ、
時間が経つのも忘れてしまいますね。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村

CIMG0469CIMG0470

波に漂うルリガイ

久しぶりに晴れ間が広がっていたので、海辺を歩いてきました。

大きな木が打ち上げられています。
その中に、ギンカクラゲがいました。。。ということは、ルリガイがいる。
ギンカクラゲやカツオノエボシは波を浮遊するアサガオガイ科の貝の餌ですね。
周りを見ると、数個の薄いムラサキ色のルリガイが打ち上っていました。
割れそうな薄い貝の中で、白い泡のようなものを出していました。
ギンカクラゲCIMG0047にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村



























あとは、キイロダカラが3つ、きれいなコモンダカラひとつ、
腹の赤いカモンダカラ、ハナマルユキが一つずつ。
いつもはきれいな浜もたくさんの打ち上げられた流木や木の枝に混じり、
土に埋もれているので、見つけにくいですよ。


CIMG0046CIMG0041

タカラガイを拾いに

入院生活があったので、1年ぶりに海歩きをしてきました。
久しぶりの海は、6種類のタカラガイをプレゼントしてくれましたよ。

上段左から、ハナマルユキ、カモンダカラ、珍しいクロダカラ、
下段左から、コモンダカラ、サメダカラ、ぼくの好きなキイロダカラです。
きょうもキイロダカラに会えました。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村

CIMG9265

イルカの耳骨の化石

布袋石と呼ばれています。七福神の布袋様に似ていることからです。
館山に移住してきた方が、拾った耳骨化石100個を市に寄付したものもあります。
埋まっていた土壌の性質から、それぞれ色合いが違ってきます。

ぼくは朝、タカラガイを拾いに行くけど、耳骨狙いのプロらしき人たちが
歩いているのに遭遇します。館山の人はけっこう持っているひとがいます。
ぼくはふたつ持っていますよ。
キムタクさんがネックレスにしていて、テレビで話してから人気があります。
店では、1万円超えで取引されていると聞きます。

めったに拾うチャンスはありませんが、幸運を招くと言われているので
ファンは多いですね。拾えなかった人には、お土産でネックレス用の
おもちゃ〈写真の下のねじ付き〉も1000円で売ってました。
1117935858_1016056
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
1473081497_58292

久々のタカラガイ

いろんな事情で、海に行く時間がとれませんでしたが、
久々に海歩きをしました。

いつもの沖の島は、前の台風直撃で立ち入り禁止。
さみしいですね。

でも、風が凍てつく浜辺で、
これだけのタカラガイたちが待っていてくれました。

イメージ 1

















ハナマルユキが3個、アヤメダカラが1個、サメダカラが1個

そして、ぼくの大好きなキイロダカラが5個。
この時期は青や緑、オレンジの色彩もあって
さまざまな魅力のキイロダカラですね。

ギンカクラゲ

館山港には、カツオ船が出入りしていますが、
カツオのやってくる時期に、台風の波で
打ち上げられるのが青いクラゲです。

形態が似ているふたつの青いクラゲですが、
カツオノカンムリとギンカクラゲ。
年輪状の気泡体に気体が入っていて水面を浮遊します。
この気泡体の上に透明なヨットの帆のようなものが
あるのがカツオノカンムリです。
カツオノカンムリに刺されると激痛(毒)ですが、
ギンカクラゲの方はそんなに痛みはないようです。

ぼくが撮ったものは、ギンカクラゲのようですね。
イメージ 1
イメージ 2

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村


イメージ 3
これは珍しい。
一緒に打ち上げられた
ギンカクラゲとルリガイ
(ルリガイはアサガオガイ科の
 海面を彷徨う浮遊性巻貝)

実は、このルリガイの好物は
これらのクラゲ。
ルリガイがギンカクラゲを狙っています。

海辺に打ち上げられていると、
子供たちは分からずに触ってしまいがちですね。


キイロダカラ

波が荒れて砂浜がなくなるような
そんな日の翌日だったので、
朝、海歩きをしてきました。

砂や海草で波打ち際が埋まっていました。
これをよけると、
フナムシや海の小さな虫がうようよと。。。
あまり触りたくない季節ですね。

でも、キイロダカラ、ハナマルユキ、クロダカラと
きれいな状態のものが拾えました。

さて、画像の中にキイロダカラがふたつ、ありました。

貝に目をならす意味で、
キイロダカラふたつ探してみてください。
イメージ 1




どうですか?

ありましたか?

では正解です。

イメージ 2



そしてきれいな、ハナマルユキ

イメージ 3

これで、夏にはいりますので、

海歩きは、お休みです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村



Photopresso canonのサイトでsionecafeの作った館山の写真集が見られます
SIONECAFEの館山の写真集


1.想い出の安房南高校校舎
2.フラメンコinタテヤマ
3.安藤さんの「海からの伝言」
4.南房総のおいしいもの
5.布良の町をゆく
6.珍百景の旅
7.パラダイス・ビュー

下のURLをコピペしてご覧ください。

https://wpb.imagegateway.net/user/show/3221222343_9d2c47591dee05d7

ビリー工作キット昭和シリーズ
ぼくらの夏は終わらない 1997年夏の月9ドラマ「ビーチボーイズ」に酔いしれる。館山市布良でロケ。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ