少年ジャンプといっても、昭和44~45年の少年ジャンプ創刊時の話です。

この時、夢中になって読んでいたのは
本宮ひろ志「男一匹ガキ大将」と永井豪「ハレンチ学園」です


0219 074j1j2