CIMG1585憲兵隊の馬小屋が裏にあってね。。。と話すのは
安房屋の佐久間徳松さんの息子、正雄さん。大正9年生まれ。
大珍宝の吉田さんとは駅前の幼なじみ。

憲兵隊の馬小屋がうちの裏にあった。
小さい頃、憲兵に馬に乗せてもらったのを覚えてる。
そこから桟橋の近くの大和印刷の所へ移って、
それから館山神社の所の田村病院の方へ移ったと思ったけど。
憲兵隊が駐屯したのは震災直後、警察の応援に来てからだ。



CIMG1580 - コピー (2)うちの裏に井戸がある。この井戸がよく出る井戸でね、
福岡さんが汲みにくる。大珍宝さんが汲みにくる、
みんな水を汲みにきた。向こうは田を埋めたから、
井戸はあるけど飲み水になんない。大珍宝のおじいさんなんか
毎朝、一荷って水を入れる桶をかついで汲みにきてた。
夏ですか、夏になるとこの辺の通りはいっぱいになっちゃった。
今の人に説明したってわかりゃあしませんよ。
戦前、私ら子供の頃、北条の桟橋の所に喜楽っていう民宿があるでしょ。あそこまで人で埋まっちゃった。泳いでんだか、芋洗ってんだか分かんないくらい。
今より砂浜が広かったから、中村公園のとこまで砂浜だった。