CIMG1587昭和12年に日東交通の前身、
安房合同自動車に入ったという、
日東交通館山営業所の所長、谷貝周三さんです。

サカモトの前の自転車置き場に
安房合同の車庫があった。
今の日東交通の社屋は戦後登場する
闇市を取り壊して建てたもの。





CIMG1580 - コピー (2)昭和2年に房州自動車と安房自動車というのが
合併して安房合同自動車になった。
私が入った頃のバスは1929年型ぐらいのやつが多かった。
国産車はありません。フォードとかシボレーとかの外車でね。
宮城から富浦まで走ってました。

夏は忙しかったですね。駅にも赤帽さんはいましたけど、
ポーター頼んでね、客引きみたいなことやった。
海水浴客はチッキで荷物を送ってきますから、
それをタクシーに積んだりした。



駅前ロータリー4駅前で起きたことねえ。。。
昭和14か15年頃でしたか、
駅前の旅館でダイナマイト心中があった。家はもちろん壊れましたよ。ダイナマイトが爆発したから、肉片が飛び散っちゃって凄かったですよ。あんまり良い思い出じゃあないですけどね。
終戦後はバスがないものだからトラックを改造して、何とか路線を維持してた。