週末の錦糸町の駅を降りると、競馬新聞を持った男たちが
ぞろぞろと横断歩道を渡っていく。
耳にマジックペンをはさんだおじさんたちが歩いて行く。
そんな昭和の頃を思い出します。
増沢騎手の歌った「さらばハイセイコー」も耳に新しい頃だった。

平成のコンビニの食玩から。。。

CIMG0816CIMG0815