館山渚の駅には、季節ごとの夕日の時刻が書かれています。
その時間に待ち合わせて、一日の終わりを見送るなんて
何て贅沢な時間なんでしょう。

SIONE文虎ATEYAMAより「渚のバルコニーで待ってて」
CIMG1620