きょうのエンジェルス、ダイヤモンドバックスの審判はひどかった。
大リーグにはこういう空気を読めない意地悪な審判がいるんだね。
プレートを外してけん制した大谷の動きが早くて見えなかったのか、
ボークの判定。。。当然大谷は抗議するでしょ。
それが気に食わなかったのか、大谷のボークにばかりに気が向いていた
2塁審判は2度目のボーク誤審で大谷は失点した。この回ノーヒットで2点献上。
ダイヤモンドバックスの選手ではなく、審判団が稼いだ2得点だった。
2塁審判はけんか腰に熱くなっていたね。審判はあくまでも冷静にね♪
大谷は現役メジャーリーガーよりも際立っているので、それを良く思わない
今日の審判団もいるということを知ったね。人種差別やひがみとは思いたくないけど。
こんなメジャーリーグでやっていくのは大変だけど負けるな!

ディック・マードックに似た主審もストライク球をボール判定が多かった。
カート・鈴木がキャッチャーミットを動かしすぎなこともあるけど。。。
大谷が気に入らなっかったのか、審判の大谷いじめが始まった。
ムキになった有力な親を持つ小学生のような2塁塁審の態度は日本ではまずないね。
大谷投手の時に引き締まっていた試合も、最後は延長まで見るも絶えないグダグダ。。。
今日の審判団が好試合を壊してしまったようだ。